ジェフリーj。クリパルら、宗教の比較

継続特集3.11後を拓く 現代 宗教 2014 3.11以後の宗教の取組み 川上 直哉 1 筆者は日本基督教団仙台市民教会の牧師であり、キリスト 教系支援団体の事務局長である。従って、標題の議論に進み ゆくにあたって、筆者には二つの意味で

ジェフリー・チョーサー(英語: Geoffrey Chaucer [ˈ tʃ ɔː s ər], 1343年頃 - 1400年 10月25日)は、イングランドの詩人である。 当時の教会用語であったラテン語、当時イングランドの支配者であったノルマン人 貴族の言葉であったフランス語を使わず、世俗の言葉である中英語を使って物語を執筆し 試してください (2020年5月5日) 彼は、ロシアとその背後にある政党での創設以来のメディアキャンペーンのコンテキストと、シリアを守る米国特使、ジェームズジェフリーなど、それを基盤とする国際機関を監視しました。彼はまた、シリアとアサドに

会報『ブラジル特報』 2005年1月号掲載 水野 一(上智大学名誉教授) 日本では「一年の計は元旦にあり」といわれるように、新年に有名神社仏閣に初詣する人が多い。これは一年中で最も宗教色の強い行為かもしれない。しかし「日本人の宗教は?

仏教とキリスト教の来世観の比較 序 日本は仏教国の一つだと言われる。また神道の国だとも言われる。あるいは神仏混淆の国でもある。それ以外に、和漢混在、和洋折衷の国であり、和魂洋才の国でもある。そのように宗教的・思想的には割に大ざっぱであり、曖昧であり、日和見的であるが 世界中で同時多発的に進行する「宗教」の消滅。ここまで「今、世界の宗教に何が起こっているのか」を見てきた。そこで起きているのは、急速に広がるキリスト教離れと、イスラム教や新興宗教の伸びである。では、さらにその先にあるのは?「世俗化」をキーワードに、【第二部】では 2020/01/04 第2章 現代の宗教が抱える問題 今日宗教が抱える問題点は何でしょうか?私達の時代は、精神性(宗教心)の「新時代」とか色々な信仰の道が開かれている等、表面上は生き生きとした時代のように見えます。お寺や教団で代表される宗教組織の代わりに、もっと自分自身の精神性を捜し求める 性にとっては、女性の宗教生活のモデル探しでもある。E-1)非西洋文化における女神・女性神官・巫女などの 比較研究。E-2)歴史的研究 ; 太古の多神教から一神教への移行。多神教の中での先史的女神と神の比較。ジェンダーと

比較宗教学、宗教史、宗教学、社会学の分野において世界を代表する専門家たちが、サイエントロジーは世界的な宗教のひとつであるということに同意しています。世界の主要な宗教や新興宗教に対する関心から、さまざまな著名な学者が、宗教を判定する際に彼らが根拠とする一連の世界宗教

宗教事情に関する調査」の依頼を受けた。本書はその報告書であるが, この序論 では, 調査の趣旨, 対象, 項目, 方法, 経過等について簡単に述べることとする。 1. 調査の趣旨 2 現在の宗教法人制度が発足してからおよそ半世紀が 経過し 比較宗教学概論Ⅰ 幸せの探求 宗教学方法論Ⅲ0613宗教哲学 (R.オットー1869-1937) 20170613@2時間目 九州大学箱崎キャンパス301教室 飯嶋秀治 shuujiiijima@gmail.com 授業計画とQ&R 進度・内容・行動目標等 講義 1 0411自己 特別講演 ジェフリー・ハント 華厳経の宇宙――枠組みのない、相互に反射する泡立ち―― (松田正己、江藤裕之訳) 特別講演解題 松田 正己 ナノテクノロジーと複雑性、華厳経と素粒子論をつなぐもの 特集 回復とは何か――医療の場における比較思想の意義 小出 泰士 本シンポジウムの概要 日本宗教「日本文化の中の宗教 古代からグローバル時代に至る宗教のポリティクス」 投稿日 2015年4月 2日 カテゴリ 2015年度 春学期 概 要 この授業では、日本宗教の成り立ちやその基本的な思想・世界観を学びます。その際、古代 従ってこの「宗教」概念の「普界を支配する統一的な神という表象に基づくキリスト教の普リスト教であった。つまり「宗教」という概念の成なは、世るが、ごれに初めて「普遍的」な方向性を与えたのは勿論キ gσEnr[呂甲山一ω2)。また J 日本宗教「日本文化の中の宗教 古代からグローバル時代に至る宗教のポリティクス」 投稿日 2019年4月 6日 カテゴリ 2019年度 春学期 8(06/04) (フィールドワーク 2)西本願寺 9(06/11) (教室 3)アクティブラーニング ただし、歴史的被拘束性にもかかわらず諸宗教現象を比較しうるとすれば、それは通宗教的、超歴史的、抽象的な構成概念によってだが、ハイラーの類型論は、それを超歴史的な構成概念にまで抽象しきれておらず、(キリスト教以外の)具体

日本宗教「日本文化の中の宗教 古代からグローバル時代に至る宗教のポリティクス」 投稿日 2019年4月 6日 カテゴリ 2019年度 春学期 8(06/04) (フィールドワーク 2)西本願寺 9(06/11) (教室 3)アクティブラーニング

第六節 「宗教の将来」 ― ティリッヒ (上) ティリッヒの生涯と思想 宗教の問題が深刻になってきている現代において、「宗教の神学」の確立の必要と重要性を説いた好著、古屋安雄『宗教の神学 ― その形成と課題』は、第四章「キリスト教の絶対性と諸宗教」においてクレーマーを扱った はじめに 前号では、スピリチュアリズムから見たニューエイジ・チャネリングについて述べてきました。 今回は、スピリチュアリズムから見た新新宗教について述べたいと思います。 日本における新宗教(新興宗教)といえば、江戸から明治期に確立した教派神道系の天理教や金光教や黒住教 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール Georges de La Tour:20世紀になって再評価されたフランス古典主義の巨匠。無骨なほどの写実的表現と、非常に厳しい明暗対比による光と影によって、静謐で精神性の高い独特の様式や世界観を確立。その作品的特長から≪夜の画家≫とも呼称されるも、現在では昼の 2019/12/30 2002/07/06 比較宗教学、宗教史、宗教学、社会学の分野において世界を代表する専門家たちが、サイエントロジーは世界的な宗教のひとつであるということに同意しています。世界の主要な宗教や新興宗教に対する関心から、さまざまな著名な学者が、宗教を判定する際に彼らが根拠とする一連の世界宗教 宗教とは何かという根本問題はさておき,なにかし ら宗教的と思われる感情まで広げて,「日本人の国民性 行動計量学第33巻第1号 ( 通巻64号) 2006年,13~24 東洋英和女学院大学 (Toyo Eiwa University) 連絡先:〒226-0015神奈川県

ライブドアブログの「宗教」カテゴリの人気ブログランキングです。 仏法を学ぶことは人生最高の <16>『仏説阿弥陀経』大意 その五 経文大意紹介 一.序分の1 <15>『仏説阿弥陀経』大意 その五 経文大意紹介 一.序分の1. <14>『仏説阿弥陀経』大意 その五 経文大意紹介 一.序分の1. 森本 あんり(もりもと あんり、1956年 10月19日 [1]- )は、神学者、牧師 [2] 、国際基督教大学教授。 男性。 経歴・人物 神奈川県生まれ [2]。 東京都立小石川高等学校を経て [3] 、1979年国際基督教大学人文科学科卒 [4]。。 日本人(にほんじん、にっぽんじん、英: Japanese、Japanese people )は、 日本の国籍(日本国籍)を持つ人。 祖先が日本列島に居住していた集団(大和、アイヌ、 琉球人など)。 日本民族を自らのアイデンティティとする人。 教条主義と盲信に支配されてきたこれまでの宗教 従来の宗教には、スピリチュアリズムのような明確な霊的真理や霊的事実がありませんでした。ほんの断片的な霊的知識はありましたが、その多くが人間の無知によって歪められたり勝手な考えが付け加えられて、事実から大きく懸け離れた 継続特集3.11後を拓く 現代 宗教 2014 3.11以後の宗教の取組み 川上 直哉 1 筆者は日本基督教団仙台市民教会の牧師であり、キリスト 教系支援団体の事務局長である。従って、標題の議論に進み ゆくにあたって、筆者には二つの意味で 2018/05/11

はじめに 前号では、スピリチュアリズムから見たニューエイジ・チャネリングについて述べてきました。 今回は、スピリチュアリズムから見た新新宗教について述べたいと思います。 日本における新宗教(新興宗教)といえば、江戸から明治期に確立した教派神道系の天理教や金光教や黒住教 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール Georges de La Tour:20世紀になって再評価されたフランス古典主義の巨匠。無骨なほどの写実的表現と、非常に厳しい明暗対比による光と影によって、静謐で精神性の高い独特の様式や世界観を確立。その作品的特長から≪夜の画家≫とも呼称されるも、現在では昼の 2019/12/30 2002/07/06 比較宗教学、宗教史、宗教学、社会学の分野において世界を代表する専門家たちが、サイエントロジーは世界的な宗教のひとつであるということに同意しています。世界の主要な宗教や新興宗教に対する関心から、さまざまな著名な学者が、宗教を判定する際に彼らが根拠とする一連の世界宗教

性にとっては、女性の宗教生活のモデル探しでもある。E-1)非西洋文化における女神・女性神官・巫女などの 比較研究。E-2)歴史的研究 ; 太古の多神教から一神教への移行。多神教の中での先史的女神と神の比較。ジェンダーと

仏教とキリスト教の来世観の比較 序 日本は仏教国の一つだと言われる。また神道の国だとも言われる。あるいは神仏混淆の国でもある。それ以外に、和漢混在、和洋折衷の国であり、和魂洋才の国でもある。そのように宗教的・思想的には割に大ざっぱであり、曖昧であり、日和見的であるが 世界中で同時多発的に進行する「宗教」の消滅。ここまで「今、世界の宗教に何が起こっているのか」を見てきた。そこで起きているのは、急速に広がるキリスト教離れと、イスラム教や新興宗教の伸びである。では、さらにその先にあるのは?「世俗化」をキーワードに、【第二部】では 2020/01/04 第2章 現代の宗教が抱える問題 今日宗教が抱える問題点は何でしょうか?私達の時代は、精神性(宗教心)の「新時代」とか色々な信仰の道が開かれている等、表面上は生き生きとした時代のように見えます。お寺や教団で代表される宗教組織の代わりに、もっと自分自身の精神性を捜し求める 性にとっては、女性の宗教生活のモデル探しでもある。E-1)非西洋文化における女神・女性神官・巫女などの 比較研究。E-2)歴史的研究 ; 太古の多神教から一神教への移行。多神教の中での先史的女神と神の比較。ジェンダーと サイエントロジーの宗教的性質 by ジェフリー・パリンダー博士(メソジスト派聖職者、ロンドン大学比較宗教学教授) 宗教哲学、宗教および教会 by G.C. オーサイゼン(南アフリカ、ナタール州ダーバン・ウェストビル大学宗教科学教授)